当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。詳細はこちらから

ホーム  >  メディア&最新情報  > 2017年07月21日

メディア情報

Press Release

2017年7月21日

ヒルトン・グランド・バケーションズとブラックストーンが
ジョイントベンチャーを設立し、世界最大級の
タイムシェア・リゾート、エララを買収

買収により2017年度の償却前総利益および一株あたりの利益増加の見込み

*本プレスリリースは、米国で2017年7月19日(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。

フロリダ州 オーランド(2017年7月19日)– ヒルトン・グランド・バケーションズ

(以下「HGV」、NYSE:HGV)は、ブラックストーン・リアルエステート・パートナーズ VIII L.P(Blackstone Real Estate Partners VIII L.P.)の系列企業とのジョイントベンチャーを設立し、エララ・ア・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブを買収したことを発表しました。1,201 の客室を有するエララは、世界最大級のタイムシェア・リゾートです。HGV は、このジョイントベンチャーを通じて株式の25%を約 4,000万ドルで取得します。これによりHGVの償却前総利益(Total Adjusted EBITDA)および一株あたりの利益(EPS)の増加が見込まれます。

HGVの社長兼 CEO のマーク・ワンは次のように述べています。「本日の買収により、HGVは『商機を捉えたビジネスベンチャーを通じて成長を確保する』という戦略的優先事項を推進し、株主価値の最大化を実現していくことができます。販売可能な客室が500以上残っているエララの株式取得により、HGVは、好業績の消費者ローン・ポートフォリオおよび未完成のペントハウス・フロアを獲得します」株式の保有に加え、HGVでは、フィー・フォー・サービス(個別報酬制サービス)に関する現行契約の下で、エララの販促、販売、管理を引き続き手がけていきます。
今回のジョイントベンチャーの契約により、HGVでは、大きな利益の創出が可能になるだけでなく、さらなる成長機会に対応するための柔軟性を維持していくことができます。今回の取引にはHGVの貸借対照表にある現金が投入される予定です。
ラスベガスのイーストハーモン・アベニュー(East Harmon Avenue)にあるエララは、世界初のタイムシェア・リゾートとして2009年に開業し、世界最大級を誇ります。エララは200を超えるショップやレストランが入ったショッピングモール「ミラクルマイル・ショップ」に直結しており、1,400m²/15,000ft²もの広さを誇る豪華なグランドロビーからは、2つのジェットバス、プールバー、グリル、33のプライベートカバナを備えた広さ約 3,700m²/40,000ft²もの美しいトロピカルプールを見渡すことができます。
1,201室の客室の他に、7,600m²/82,000ft²を超える未開発のペントハウス・フロアが4フロアあり、さらにイーストハーモン・アベニューに面した約 210m²/2,300ft²の店舗スペース、1,580m²/17,000ft²を超える宴会場スペースを含む未開発エリアがあります。

将来予想に関する記述

本文書には、米国の1933年証券法(改正版)第27条Aおよび1934年証券取引所法(改正版)第21条Eで定義される「将来予想に関する記述」が含まれています。これらの記述には、当社の業績、財務成績、流動性、資本、その他の非歴史的な内容に関する当社の予想を示す記述が含まれます(ただし、これらに限定されません)。将来予想に関する記述であるかどうかは、「見通し」「思う」「予想する」「潜在的」「〜し続ける」「可能性がある」「と思われる」「はずである」「しうる」「〜を目指す」「およそ」「推定する」「予測する」「意図する」「計画する」「見積もる」「期待する」といった語句や、これらの否定語あるいは類義語が使用されていることで見分けることができます。このような将来予想に関する記述は、タイムシェア業界に内在するリスク、当社の管理の及ばないマクロ経済要因、タイムシェアの販売競争、第三者開発者との取引に伴うリスク、当社ITシステムの性能、米国以外の地域での事業展開に伴うリスクまたは当社の負債をはじめとする、多様なリスクや不確実性を伴います。将来予想に関する記述の内容と大幅に異なる結果を引き起こす可能性のあるその他の要因については、証券取引委員会(以下「SEC」)に提出済みの2016年12月31日を末日とする会計年度の年次報告書(フォーム 10K)および 2017年3月31日を末日とする会計年度の四半期報告書(フォーム 10Q)に記載されている「リスク要因」および「財政状態および経営成績に関する経営者による説明と分析」をご覧ください。こうした開示情報は、SEC への報告書提出時に随時更新される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。これらの文書は、SECのウェブサイト(www.sec.gov)より閲覧可能です。上記にご説明した通り、将来予想に関する記述が示す内容と大幅に異なる実績または結果を引き起こす可能性のある重要な要因が、現在存在している、あるいは今後生じる可能性があります。そのため、本文書に記載の開示情報は、完全な情報とみなすべきではなく、本文書および SEC に提出済みの報告書に記載のその他の注意事項と併せて読んでいただく必要があります。当社は、法律で求められている場合を除き、新たな情報や今後の進展等による状況の変化があるかどうかを問わず、将来予想に関する記述について更新情報を公開したり、再調査を行う義務は一切負わないものとします。

メディア関係者用のお問い合わせ先

ヒルトン・グランド・バケーションズ
コミュニケーションズ - アジア

Email: HGVNews.Asia@hgvc.com

メディアセンターはこちら